雨漏り修理の相場が高い理由【屋根修理の職人が手がける高品質施工】

雨漏り修理は自分でやってはいけない

雨漏り修理

雨漏り修理は専門的な知識と技術が必要であり、DIYによって行なった場合さまざまな問題が現れます。手順通りに修理を行なったとしても、素人ではプロに比べ、どうしても仕上がりの精度において差が生まれてしまうのです。雨漏り工事を行なう職人さんは、劣化部分の修復やトップコートの塗布など、丁寧な施工を行なうことで雨漏り工事を行ないます。精度の低い工事を行なうと、防水効果の低下だけではなく、水の流れが変わることで別の部分から雨漏りが発生する場合もあります。自分で修理をしても、何度も雨漏りが再発するようであれば意味がありません。プロに修理を任せ、雨漏りの再発をしっかりと防ぐことが重要となります。

雨漏り修理の費用は場合によって高くなる

雨漏り修理の費用は、症状や屋根の形状によって費用が大きく変化します。どのような場合に費用が高くなるのでしょうか。

高くなってしまう2つの理由

①屋根の勾配状態で変化する
屋根の修理を行なう場合、通常業者ははしごをつかって屋根に登ります。しかし、屋根の勾配が急すぎる場合ですと、作業中に転倒するリスクも高くなり、まともに作業を行なうことができなくなります。こうした場合は周囲に足場を組むこととなり、手間が掛かる分費用も高くなってしまいます。
②難しい修理だと腕のいい職人が必要になる
業者の中には非常に安い価格で修理を請け負う会社があります。しかし、こうした会社は人件費の少ないアルバイトを雇っているため、安い値段でも施工を請け負うことができるのです。費用の高い業者は、腕のよい職人が在籍しています。特に最近では後継者不足や公共事業の影響から、業界は人手不足であるため、プロの職人に依頼すると高額な費用を請求されます。

料金の安さだけで業者を決めないように!

業者を選ぶ場合、「目先の安さ」ではなく「技術の高さ」で選ぶようにしましょう。多少費用が高くついたとしても、何度も修理を依頼する場合に比べれば、トータルコストの面から見て安くなります。

TOPボタン